ハンドルの握り方・回し方

まずは近所を走ってみましょう。

本であるだけに、ペーパードライバーがつい忘れがちな操作。

それが、ハンドルの握り方・回し方です。

おかしなクセをつけて、そのままという人も多いことでしょう。

とくに凪をつけたいのが、緊張するあまりギュッと握ってしまうこと。

かえって微妙なハンドル操作ができなくなってしまい、危険です。

よく、「親指は、ハンドルの内側にかける」と覚えている人がいて、実際に教習所でもそう教わったかもしれませんが、これはちょつと誤解を招く表現かもしれません。

ギュツと握りしめてしまい、スムーズなハンドル操作を妨げてしまうからです。

握りしめるというよりも、むしろ「手のひらの厚みで外側から支えるように持つ」感覚のほうが大事です。

なお、とつさの方向修正がききにくい「内かけハンドル」は、危険なのでやめましょう。

【NG】ハンドルの内側に深く親指をかけると、強く握りすぎてハンドル操作を妨げてしまいます。

【NG】内かけハンドルとは、ハンドルの上部を逆手に持って切る操作方法。素早い方向転換ができることからベテランドライバーが 好んで使いますが、とっさに切り戻したり、切り足したりする操作は苦手です。

車 処分するなら今がチャンス!今すぐコチラ

ハンドルの回転範囲は1〜1 回転半¨ハンドルは。 左右それぞれに1回転でいっぱいです、したがって、ハンドルをめいっばい切ったあと、まっすぐ戻すのも1回転半。 ハンドルの切り具合を把握しておくためにも、ハンドルを持つ基本位置は、常に同じにしておくとよいでしょう。

送りハンドノしとは?手を交差させずに、両手でハンドルを持ち替えながら回す操作方法。ゆっくりコーナーを回るときに有効で、高速道路走行時などに向いています。

バイク 売るなら今がチャンス!今すぐコチラ