狭い道の走り方

譲りあう気持ちが大事

道幅の狭い道路では、速度を十分 落とすのはもちろんのこと、路地か らの子どもや自転車の飛び出しには、 くれぐれも注意しましょう。

また、狭い道で対向車と行き合うのは不安なもの。

自信がないときは、スペースに余裕がある地点まで、いったんバックしたほうがよいでしょう。

左に寄りながらバックするのは 難しいと思われそうですが、寄りた い方向(この場合は左)にハンドル を切りながらゆっくりバックすれば OK。

その他、初心者が迷いがちなのが、 路上駐車により片側の車線がふさが っている場合の通行方法。

基本的に、ふさがっている車線を通行中の車が、 一旦停止して譲るのがルールです。

すれ違うときは、車のボディの中 でいちばん張り出しているドアミラ ー部分を意識するのがコツ。

自信がないときは、対向車に先に行っても らうまで待つ、というのも方法です。

※歩道のない道路などで、 路上駐車中の車両や電柱 などが張り出しているた めすれ違いができない時 は、対向車線の車が通過 するのを待ってから進む。