AT車のペダル&ギア操作

ATにもシフトチェンジはある

AT(オートマチック)限定免許ができてから、女性やお年寄りにも運転が身近なものになったといわれています。

シフトレバーやクラッチペダルを忙しく操作する必要がないというのが、その理由です。

でも、運転はラクになったものの、せっかくのAT機能をちゃんと使いこなしている人は少ないのでは?

たとえば、坂道を登ったり下りたりするとき、いつもの「D」レンジのままで走っていては「力」が足りなかったり、エンジンブレーキの利きが悪かったりします。

ギヤの操作をしなくても走れるAT車であっても、状況に応じてシフトチェンジするほうがスムーズに運転できます。

また、アクセルペダルの踏み方にも、ちょっとしたコツがあります。

正しいアクセルとブレーキの踏み方をもう一度おさらいして、A丁車の性能をしっかり使いこなしましょう。

ATの形式はすべて同じではありません。たとえば、「MTモード付AT」は、クラッチペダルのないMT(本来のMTはシフトレバーと クラッチペダルで変速する)といった位置づけで、MTの細かなギヤ チェンジを、クラッチ操作をせずに行えます。メリットは、思いどお りの回転数にギヤチェンジすることでスポーティな走行を簡単に楽し めること。いずれにしても、基本操作が大事なのは変わりません。