車線のどの位置を走るのか?

道路に応じて車の位置を考える

うまく道路に出られたら、次に気をつけたいのが、車線のどこを走るかです。

これは、どのような走り方が危険かを考えれば、容易に答が出てきます。

極端に左に寄れば歩行者やバイクと接触しやすく、右に寄り過ぎれば、対向車と衝突しやすくなります。

したがって、もっとも安全なのは、車線の中央を走ること。

ただし、中央線(センターライン)がない道路で、対向車がいないときは、道路の中心よりやや左寄りを走るのが安全です。

これなら、急な横からの飛び出しにも対処できます。

なお、歩道がない道路で歩行者や自転車の横を通るときは、減速すると同時に、相手の急な動きの変化や転倒などのアクシデントにそなえて、十分に距離をとりましょう。

中央線がある道路であっても道幅が狭いようであれば、対向車に気をつけつつ、中央寄りを走るようにします。