工事中の道路の走り方

交通誘導員の誘導に協力する

工事を行っている道路は、「道路工 事中」の警戒標識や立て看板などで あらかじめ警戒をうながしています。

サインを見逃さず、注意深く運転す るように心がけましょう。

複数車線の道路で自分が走行している車線が 工事でふさがっている場合などは、 早めに車線変更をしておきます。

道の半分が工事の作業でふさがり、 片側通行になっている道路では、簡 易な信号機が設置されているか、誘 導員が交通整理をしているので、そ の誘導に協力しましょう。

道幅が狭く、作業している人もいるので、十 分に減速して通り抜けます。

なお、交差点で工事が行われてい る場合などでは、誘導員は原則とし て信号に従い誘導しますが、事故な どで警察官が交通整理をしていると きは、信号と異なる指示が出される ことがあります。

そんなときは信号より警察官の指示を優先します。